X作成講座 on FB[10]  外部ウィンドウ ドキュメント編


 ドキュメントウィンドウを作ってみます。

 ドキュメントウィンドウはスタックウィンドウなどと同等で、他のウィンドウがアクティブになるとその後ろに隠れるウィンドウです。


 パレットウィンドウとドキュメントウィンドウの違いはほんの少しなので、小変更で対応出来ます。以下変更点だけを並べます。 picPalette フォルダを丸ごとコピーして "picWin" とでも名前を変えて、そのファイルに対して変更を加えて下さい。


 まず XCMD の名称変更に伴って書き換えが必要なところを全て書き換えます。 HyperXcmd.MAIN ファイルの RESOURCES文、OUTPUT文 は書き換えが必要でしょう。


 myX.INCL ファイルの

00055   xWndPtr& = FN NewXWindow ( xCmdPtr&, picRect, title$, _false, _palNoGrowProc_toggleHilite, _zTrue, _zTrue )
 の最後の _zTrue を _false に書き換えます。


 HyperXcmd Events.INCL ファイルの中の xHidePalettesEvt と xShowPalettesEvt に関係する部分を削ります。 CASE _xHidePalettesEvt の行、CASE _xShowPalettesEvt の行、それに FN DoHidePalettesEvt ルーチンと FN DoShowPalettesEvt ルーチンが不要になります。


 各ファイルを保存してコンパイルすればドキュメントウィンドウを作る XCMD が出来ます。実際に思うように動作するかテストしてみて下さい。


inserted by FC2 system
Next



FutureBASIC Lab.

UDI's HomePage