この文書は Runtime社のホームページにある、http://www.runrev.com/revolution/info/whyrevolution/whatcanibuild.htmlを邦訳したものです。この文書の文責はUDIにあり、またUDIはこの文書についての一切の債務を負いません。 間違いがありましたら eudio@chabashira.co.jp までお知らせ下さい。この文書は必要と思われる時に適宜アップデートされます。


Info> Why Revolution?> What Can I Build?

Information About Revolution:
何を作ることが出来る?

 Revolution は、コンピュータ上で起動するアプリケーションを作るためのツールである。ここでは、Revolution を使って簡単に作ることの出来るものの、ほんの一部を紹介する。

インターネットのフロントエンド
 ユーザーの要求を処理出来るあなたのコンテンツ用カスタムブラウザを、DHTML を汚く継ぎ接ぎすることなく作ることが出来る。インターネットに万全の Revolution は、任意の URL のデータ(テキスト、HTML、画像、ビデオ、サウンド)を素早く簡単にあなたのウィンドウに表示することが出来、また POST または GET 命令を使うだけで、ソケットを使ってインターネットホストと通信することが出来る。

テキスト処理アプリケーション
 Revolution の持つ正規表現チャンク表現は、それだけで柔軟なテキスト処理と変換機能を実現する。任意の場所( WWW からでも)のテキストファイルを読んで、それを変換したり、またそれを Revolution スタックとして、或いはテキストファイルとして書き出すことが出来る。

CGI とコマンドラインアプリケーション
 スタンドアローン化された第4世代言語 Transcript は、シェルにアクセスすることが出来るスクリプト言語である。あなたは Unix環境変数、標準入出力、そしてソケットにアクセスすることが出来る。 Revolution のインストールされたサーバ上で機能する CGI スクリプトを書くことも出来る。

独自のソフトウェアを作る
 マルチウィンドウのユーザーインターフェースを数分で作ることが出来る。 Revolution のユーザーインターフェースツールセットには、ダイアログボックス、パレット、ボタン、メニュー、そして容量制限の無いテキストフィールドが標準で備わっている。ひとつのソースコードから Mac OS、Windows、そして Linux とその他のUnix用の、ダブルクリックで起動する本当のアプリケーションを作ることが出来る。あなたはロイヤリティを支払うこと無く、多くのプラットフォームをターゲットにすることが出来る!

ちょっとしたユーティリティ
 開発者はしばしばちょっとした作業のためのツールを必要とするが、Revolution のパワーと開発スピードを利用すれば、あなたはそのツールを簡単に作ることが出来る。(そして Revolution のインターフェースツールと Distribution Builder を利用すれば、その簡易ユーティリティをきちんとしたアプリケーションに仕上げることも出来る)

素早いプロトタイピング
 あなたの作ったコントロール(ボタン、スクロールバー、メニューなど)を、Revolution のサポートする任意のプラットフォーム上の表示と動作で見ることが出来る。つまり、ひとつのプラットフォーム上で、他のプラットフォームの開発までが可能である! また特別な作業のためにコンパイルされた外部コードを、あなたの Transcript コードから呼ぶことも出来る。

マルチメディアタイトルを使った教育ツール
 ベクターグラフィック、ビットマップイメージ、スタイル付きテキスト、ハイパーリンク、そして QuickTime と QuickTime VR は、全て Revolution の基本パーツとして用意されている。 Transcript 言語を使えば、マルチメディア要素を使って、ユーザーインタラクティブ機能を持った、洗練されたプレゼンテーションを作ることが出来る。Transcript コードでコントロールされたフルカラーやスプライトアニメーションに、聴衆は驚くことだろう。

 Revolution は非常に多才である。これを使ってあなたが何を作ろうとしているのか、我々でさえ想像しきれない! もしあなたのアプリケーションに必要な機能がこのページに見つからなかったら、それを Revolution で実現するために、info@runrev.com に連絡を取ってみて欲しい。


邦訳/文責:UDI
2002.10.27

inserted by FC2 system