この文書は Runtime社のホームページにある、http://www.runrev.com/revolution/developers/articles/tipoftheweek/4.html を邦訳したものです。この文書の文責はUDIにあり、またUDIはこの文書についての一切の債務を負いません。 間違いがありましたら eudio@chabashira.co.jp までお知らせ下さい。この文書は必要と思われる時に適宜アップデートされます。

Developers> Articles> Tip of the Week!


Tip of the Week! 4
Distribution Builder でアプリケーションをスリム化する

 もし完成したスタックやアプリケーションをネット経由で配布するなら、ダウンロードを軽くするために、ファイルを小さくしたいと考えるだろう。 Distribution Builder には、そのためのオプションが用意されている。

* Stacksタブの "Remove Revolution UI Custom Properties" をチェックする。
 スタックには、開発時にだけ必要なカスタムプロパティが、たくさん保存されている。これらの、例えばブックマーク、カラー、スクリプトエディタのスタイル情報などは、実行時には不要である。このオプションは、スタックからこれらのプロパティを削除して、より小さいファイルを作る。(もちろんオリジナルスタックは保存しておくべきである。開発を続けるのなら、これらの情報は役に立つ)

* Resourcesタブで、アプリケーションに不要なリソースとライブラリのチェックを外す。
 Revolutionは、標準ダイアログボックスやライブラリなどの部品を、自動的にアプリケーションにインストールする。例えば answer コマンドで使うダイアログボックスやその他のライブラリが、アプリケーションには自動で組み込まれている。あなたは resources タブにあるボックスを使って、これらの部品のインストールをコントロールすることが出来る。ある種のコマンドや関数は、特定の部品を必要とする:

* Ask Dialog: ask、または ask password を使うスタックで必要。
* Answer Dialog: answerコマンドを使うスタックで必要。
* Cursors: cursorプロパティで標準カーソルを設定するスタックで必要。
* Error Reporting: エラー処理を Revolution に任せているスタックで必要。
* Linux/Unix File Selector: UNIXシステム上で、answer file、answer folder、ask file、ask folder を使うスタックに必要。
* Linux/Unix Page Setup: UNIXシステム上で、open printing、または revShowPrintDialog を使うスタックに必要。
* Linux/Unix Printer Chooser: UNIXシステム上で、answer printer、または revShowPrintDialog を使うスタックに必要。
* Geometry Libraries: Geometryマネージャ、または revUpdateGeometryコマンドを使うスタックで必要。
* Animation Libraries: revGoToFramePaused、revPlayAnimation、または revStopAnimation を使うスタックで必要。
* Printing Libraries: revPrintField、revPrintText、または revShowPrintDialogコマンドを使うスタックで必要。
* Database Libraries: "revdb_" で始まるデータベース関数を使うスタックで必要。
* Internet Libraries: http や ftpURLs、または resetAllコマンドを使うスタックで必要。
* Icon Libraries: ビルトインライブラリ内のカスタムアイコンを使うスタックで必要。

 これらに加え、revAppVersion、revLoadedStacks、revMacFromUnixPath、revUnixFromMacPath の各関数や revGoURLコマンドを使うスタックでは、Common library が必要である。

* Resources タブの Profile Options をクリックして、不要なオプションを削除する。
 あなたのスタックが Profile Manager を利用しない、或いは各オブジェクトのプロファイルが不要であるなら、"Remove Profiles" オプションを選んで、アプリケーションから不要なプロファイルコードを削除することが出来る。もし Profile Manager を使うのなら、必要なプロファイルだけをアプリケーションに含めるようにしなさい。例えばあなたのスタックに各 OS 用プロファイルがあるなら、あなたの作るアプリケーション用 OS 以外のプロファイルは削除しなさい。

 これらの Distribution Manager オプションを使って、その他の不要と思われるオブジェクトや substack を削除すれば、あなたのスタックやスタンドアローンは、ギリギリまで小さくすることが可能である。


邦訳/文責:UDI
2002.09.09
2002.10.27

inserted by FC2 system