これは RuntimeRevolution 1.1.1 のヘルプにある文書を邦訳したものです。この文書の文責はUDIにあり、またUDIはこの文書についての一切の債務を負いません。 間違いがありましたら eudio@chabashira.co.jp までお知らせ下さい。この文書は必要と思われる時に適宜アップデートされます。

Help -> Revolution Documantation -> Development Guide -> Developing with Revolution -> About... Revolution for MetaCard developers


About Revolution for MetaCard developers
MetaCard ユーザーのための Revolution
==============

参照:
--------------
Animation Manager Tutorial, Geometry Manager Tutorial, Menu Manager Tutorial, Profile Manager Tutorial, buildNumber function, version function


 このトピックは、MetaCard と MetaTalk 言語の経験があり、MetaCard の知識とスタックを Revolution で生かしたいと考えている、新しい Revolution 開発者のために書かれている。

 このトピックを充分に理解するためには、MetaCard を使ってアプリケーションを作る方法と、スクリプトを書く方法を知っている必要がある。平均的な MetaCard 開発者なら、このトピックを理解することが出来るだろう。


Contents:
From MetaCard to Revolution
Importing MetaCard Stacks
Moving Between Revolution and MetaCard
What's Next?


From MetaCard to Revolution
MetaCard から Revolution へ
 Revolution は MetaCard エンジンをベースに作られている。メニューやウィンドウなどの開発環境のユーザーインターフェースには、いくつかの違いがある。 Revolution はいくつかのカスタムライブラリを使って新しい機能を追加している。しかし基本的には Revolution も MetaCard も同じような動作をする。

* MetaCard がサポートする全てのオブジェクトタイプは、Revolution にも存在する。

* スクリプト言語 Transcript は、MetaCard の MetaTalk と同じ能力を持つ。

* Revolution は、MetaCard がサポートする全てのプラットホーム上で起動し、そのスタンドアプリケーションを作ることが出来る。

 Revolution は全く新しい開発環境を持っているが、特にクロスプラットホーム開発者が必要とする機能が豊富である。 Menu Manager や Geometry Manage などの新しいツールを使って繰り返し作業を自動化することが出来る。 Database Manager を使えば、Oracle、MySQL、ODBC データベースにダイレクトにアクセスすることが出来る。そして Revolution のカスタムライブラリは、開発者が重宝する機能を提供する。


Importing MetaCard Stacks
MetaCard スタックのインポート
 MetaCard と Revolution のファイルフォーマットは(これからも)互換性がある。
つまり MetaCard スタックを Revolution で開くだけで、Revolution 開発環境での作業を始めることが出来る。

 その際、Revolution エンジンと MetaCard エンジンは、同じバージョンでなければならない。もしあなたが MetaCard の最新機能を使っているなら、Revolution の最新バージョンを使わなければならない。最新バージョンは http://www.runrev.com からダウンロードすることが出来る。

 version 関数と buildNumber を利用して、MetaCard と Revolution が、同じエンジンを使っているかを調べることが出来る。あなたの持っている MetaCard のコピーと Revolution のコピーで、この2つの関数がそれぞれ同じ値を返すなら、2つのエンジンのバージョンは同じであり、最新の機能を使った MetaCard スタックを、Revolution でも利用することが出来る。


Moving Between Revolution and MetaCard
Revolution と MetaCard 間の移動
 Revolution スタックを MetaCard で開き、それを MetaCard 環境で編集する場合、スタックの基本的な機能はどちらの環境でも利用することが出来る。

 Revolution ファイルを MetaCard で開けなかった場合は、この簡単なスクリプトをボタンか MetaCard のメッセージボックスに入れる:

  answer file "Open which file?"
  if the result is empty then open stack it
 いくらかの問題が存在し、正しく実行出来ないこともある。

Custom libraries
カスタムライブラリ
 スクリプトの中に、Revolution のカスタムライブラリを使ったコマンドや関数がある場合は、そのコマンドや関数は MetaCard では正しく働かない。

 Geometry Manager、Profile Manager、Animation Manager を使ったスタックでは、これらの機能を使った部分は MetaCard では動作しない。例えばユーザーがスタックウィンドウをリサイズした時に Geometry Manager を使ってオブジェクトを自動整列させていた場合、MetaCard 上でユーザーがスタックウィンドウをリサイズしても、オブジェクトは自動的に整列されない。これは、これらの機能が Revolution のカスタムライブラリによって実現されているためで、MetaCard にはこれらのライブラリは存在しない。

 ( Menu Manager で作られたメニューは MetaCard でも正しく機能する。 Menu Manager はカスタムライブラリの機能を使っておらず、エンジンに組み込まれた機能だけで実現されているため)

 ティップス: Revolution では、このコマンドは正しくない
  start using stack "libURL"
Revolution は自動的に Internet library をメッセージパスに含んでいる。スタンドアローンアプリケーションを作る時、Distribution Builder ウィンドウの 'Internet Libraries' にチェックを付ければ、そのスタンドアローンアプリケーションは自動的にライブラリを利用する。

Appearance of text
テキストの外観
 Revolution と MetaCard は異なったフォント設定を用いる。スタックのフォントプロパティやカラープロパティは反映されないので、MetaCard 上では異なった見え方をする。

Creating new objects
新しいオブジェクトを作る時
 Revolution と MetaCard では、いくつかのオブジェクトプロパティのデフォルト値が異なっている。スクリプトから新しいオブジェクトを作るとき、その外観や動作が、期待したものとは異なる場合がある。

Script style information
スクリプトのスタイル情報
 MetaCard でスクリプトを編集すると、Revolution で設定したスクリプトのフォント、サイズ、スタイル、カラーは破棄される。(テキストやスクリプト自体の機能は影響を受けないので、双方の開発環境を行き来しても問題は起きない)


What's Next?
さて、次は?
Learning More About Revolution
Revolution について更に学ぶ
 経験豊かな MetaCard 開発者の次のステップは、新しいインターフェースとカスタムライブラリに馴染むことである。

Recommended Tutorials
チュートリアルの勧め
 最初のチュートリアルである 'Getting Started' を通して、基本的なアプリケーションの作成方法と、ビルドの方法を学ぶことが出来る。このチュートリアルに書かれていることはあなたにとって当たり前のことであるかも知れないが、この10分から15分の投資は、あなたのアプリケーション作成を大いに助けるだろう。異なったメニュー項目やツールを使って実際にアプリケーションを作ることで、それらのツールの位置を簡単に見つけられるようになる。

 残りのチュートリアルは、Menu Manager、Animation Manager、Profile Manager、Geometry Manager の概要を得るためのものである。これらのツールは標準的なアプリケーションを作る作業を早く簡単にし、多くの作業を自動化してくれる。

 最後のチュートリアルである 'Independent Study' では、MetaCard の Control Browser に代わる Application Overview を紹介している。(このチュートリアルでは主に継承とアプリケーションデザインを扱っている。理解出来ているステップはスキップして構わない) ここでは Revolution の Application Overview とスクリプトエディタの機能を使って、サンプルアプリケーションを探検する。 Independent Study チュートリアルが終わった頃には、新しく拡張された開発環境が居心地の良いものに感じられるだろう。そして MetaCard での経験は、Revolution アプリケーションの作成に大いに役立つことだろう。

邦訳/文責:UDI
2003.01.21
2003.04.08

inserted by FC2 system