< PrevIndexNext >
LiveCode で日本語入力

2015年12月20日

 LiveCode で日本語入力したい問題に手を付ける。現状 PCLOS でも KonaLinux でも日本語の表示やカット&ペーストに問題は無いが、IM が立ち上がらないために日本語入力が出来ずにいる。いろいろ検索をかけてみると LC戦友(笑)の小島さんが iBus で日本語入力している風である。 Linux の IM 環境についてよく知らないが、アプリによっては特定の IM を想定しているというのはあり得るかなと思った。ので、iBus のインストールを試みる。

 まず PCLOS で新ユーザーを作り、Synaptic で iBus-Anthy をインストールする。再起動してみるが ctrl+space でも全半キーでも IM が立ち上がって来ない。そもトレイにあるキーボードアイコンに Anthy が現れない。モニタを見ると iBus はぐっすり sleep中。IM の指定が必要かなと思って Select Input Method で iBus を選び、「このユーザーのみ」を指定して再ログイン。システムが日本語になっててびっくりしたが、ホーム直下の .i18n の jp の項目を削って事なきを得た。 Select Input Method って何をしているんだろう。ホームに .i18n を作るだけなのかな。いつか調べないとだわ。

 ちょっとバタバタと慌てたので何をどうしたのかの記憶が無い。結局目的は達成されていないが、取りあえず常用のユーザーで scim を使えるように戻すことが出来たので、作業を一旦終了する。新ユーザーでは iBus が、メインユーザーでは scim が立ち上がっているので、ユーザーごとに IM 環境を変えることは可能だと思うが、まだ iBus で Anthy を立ち上げるところまで行ってない。これも長くなるのかなぁ...

2016年1月28日

 iBus-Anthy をインストールしたのに日本語変換が出来ない。モニタを見ると iBus はスリープになっている。 Anthy を設定したくても、iBus の IM リストに Anthy が出て来ない。あちこちの設定をいじるが効果無し。うーん。

 仕方が無いので iBus-Anthy をアンインストールして iBus-Mozc をインストール。 iBus の設定から Mozc を選択してやっと日本語入力が出来た。が、目的の LiveCode のフィールドで入力が Mozc に切り替わらず、やっぱり日本語が入らない。長期戦かなぁ。ちなみに現在 LC7.0 でテスト中。もう 8 が出るらしい。


< PrevIndexNext >
inserted by FC2 system