< PrevIndexNext >
wattOS再インストール
2014年11月27日

 wattOS MATEのメニューがいくつか無くなっていたので、覚えたばかりの apt-get -f install を使ってみる。システムの不具合を直してくれるかも知れない。いろいろremoveするけどいいね?と訪ねられたので、おお再インストールしてくれるのだなと y を押す。次々と出てくるREMOVEの文字。MATE関連がどんどん削除されて行く。んで再起動するとMATEの痕跡はターミナルと壁紙だけになって、デスクトップには何も無くなっていた。そう、パネルも無いしメニューも無い。あららー、こりゃ再インストールだ(笑)

 wattOSのメディアを探すとDVDだったので、ふと、X24のドッキングステーションのDVDドライブをR31に入れてみようと思い立つ。レバーをちょいと引くだけでドライブが出て来てカシャコンと交換出来る。うまく出来てるのことよ。wattOSのHDDを入れて、R31でインストール作業をしてみることにした。sda1にLXDE版、sda5にR7.5(Ubuntu版)が入っていて、今回は壊れてしまったsda2のMATEを再インストールする。

 インストールは順調に終了。最後にgrubをどうするか訪ねられたが、既にあるはずなのでインストールしないにする。再起動。grubで今インストールしたMATE版を選ぶが、ディスクが見つからないと言う。LXDE版を起動してupdate-grubするとなにやらエラーを吐く。再起動。やはりMATE版は起動しない。仕方ないので再インストール。今度はgrubをsdaにインストールする。再起動。同じことの繰り返し。まてよ、grubを最後に設定したのはR7.5だなぁ。ってことで、R7.5を起動してupdate-grubすると、今度はエラーなしで終了、再起動するとちゃんとMATEが立ち上がった。どうもgrubの仕組みがまだ分かってない。R7.5で設定しないと反映されないということは、このHDDで起動時に読まれるのはR7.5のパーテーションにある設定ファイルと言うこと??

 例によって最初はnumlockがかかっている(バグだよね?仕様??)ので解除してからパスワードを入れてログイン。ロケールで日本を選んでいたのでメニューは日本語だがIMが無い。前回のメモを見るとsynapticでtask-japaneseとtask-japanese-desktopを入れたとあるが、リストに見つからない。リポジトリを日本のものに変更して再読込をかけると20kくらいでしか落ちて来ないが、それでもリストが更新されてtask-japaneseが現れた。へー、日本のサイトにしか無いのか。チェックを入れて適用を押す。やはり20kくらいでしか落ちて来ない。そのうち止まる。諦めてキャンセルしてリポジトリをあちこち変更しているうちに、再読込が出来なくなった。いわく「変更不可のリストが壊れている」。んー、素人の手に負えなくなったのでやむなく再々インストール orz 前回システムが壊れたのは、リポジトリを日本以外にしてアップデートをかけたのが原因かも知らん。

 インストールが終わって設定に入る。リポジトリは「日本」のサーバ。task-japaneseとtask-japanese-desktopにチェックを入れて適用。ダウンロードレートが20kになっても16kになっても我慢して、結局3時間以上かけてIMが入った。あれSCIMがない。のでscim-anthyにチェックを入れてまたひたすら待つ。なんでこんなに遅いのだろう。前回は苦労した覚えが無いのだが…。「お気に入りのアプリ」でファイル管理をcajaに変更。「ウィンドウ」のEnable sortware compositingにチェックを入れてウィンドウに影を付ける。「外観の設定」でフォントのヒンティングを切る。無線LANアダプタやトラックポインタの設定ファイルを入れようとしたら、cajaのopen as administratorが効かない。仕方ないのでターミナルからsudo cajaして作業する。最後にお気に入りのシャンハイ・ゲーム(KMahjongg)のインストールを始めてしまった。現在1時間経過して残り1時間7分。なにごとですかーー?

2014年11月27日

 おっと、USBの無線アダプタが認識されないのでSynapticでFirmware-Ralink(だったかな)をインストール。gksu-propertiesでsudoを指定してcajaのas administratorも出来るようになった。GkDebconfで言語をen us,UTF-8にしたらメニューが英語になったけど、ターミナルからlocaleと打ち込んだら住所とかも全部USになっていた。いつかちゃんとしないと。

 結構いろいろ忘れていたが、これでだいたい元に戻ったかな。HDDを1157に入れてみるとやっぱり音が出ない。なんかドライバが必要なんだろな。

2014年11月27日

 wattOSjpによると、最近になってrepo.matedesktop.orgが廃止(と言うかDebianに統合?)になったので、Synapticでエラーになるらしい。Settingでrepo.mate..のチェックを外したら、ダウンロードが速くなりました。これで安心してアップデートがかけられる。


< PrevIndexNext >

inserted by FC2 system